2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

4K(8K)を見るには何が必要? 【テレビ購入前に知っておきたい基礎】

東京オリンピック・パラリンピック競技大会を4Kで見たいと思っているあなた、テレビを買えば見られると、なんとなく思っていませんか?
しっかりと準備しないと見ることはできないのです。

ここでは、初心者のために4K放送を見るための基本的な事項を紹介します。

新4K・8K衛星放送はなんとなくでは見られない!

今、地上波で放送されてる番組が4K・8K(これ以降4Kに用語を統一)になると思っていませんか?
実は、BSとCS放送の一部が4K放送を行うのです。

一般社団法人放送サービス高度化推進協会HPより

「4K対応テレビ」をすでに持っているという方もいると思いますが、「4K対応テレビ」と「4Kテレビ」には違いがあります。
「4K対応テレビ」の場合、画面のスペックは4Kに対応しているので、ブルーレイディスクやビデオ・オン・デマンド等の用意された4K映像を映し出すことはできます。
しかし4K放送の電波を受信するためのチューナーが内蔵されていないので、「4K対応テレビ」だけでは実際に流れてくる4K放送を見ることはできないんです。

このように4K放送を見るには、しっかりと勉強する必要があるのです。

4Kを視聴する方法

視聴するためには、現時点で大きく分けると、「アンテナなどの機材を購入して視聴する」方法と「光回線またはケーブルテレビで視聴する」方法の2つがあります。

アンテナなどの機材を購入して視聴する

初期設置費用がかかりますが、一度アンテナなどの機材を購入すれば、月額料金なしで視聴できます。
設置費用の相場は3万~8万円です。アンテナのデメリットは台風や大雨などの天候に影響されることです。また、近くに電波の防げになる障害物がある場合も安定して視聴するのが難しくなります。

 

光回線またはケーブルテレビで視聴する

光回線を使い視聴する場合
光ケーブルを使って視聴する方法なので台風や大雨などの天候に左右されずに安定してテレビを視聴できます。
フレッツ系統ドコモ光やソフトバンク光、So-net光などの光回線を
契約すれば視聴できます。

ケーブルテレビに加入して視聴する場合
地域による会社の違いはありますが、ケーブルテレビ会社と契約してテレビを視聴できます。
スポーツ専用、音楽専用チャンネルなど多くのチャンネルを見ることができますが、基本料金として含まれていることが多いため一般的には料金が割高になります。

4Kを見るために必要な機器とは?

現在のハイビジョン放送と4K放送では、送信される電波の種類が異なるため、以下のような新たな機器が必要になります。

4K対応のテレビ

一般的に4Kテレビと言われているものは、4K放送が受信できない「4K対応テレビ」と、4Kチューナーが内蔵されていて、4K放送の受信も可能な「4Kテレビ」に分かれます。

4Kテレビ         4K対応テレビ

4K対応テレビ(4Kチューナー非内蔵)
2018年10月までに購入した4Kテレビと言われるものは、チューナーが内蔵されていないと思われます。おそらく視聴できるのは従来のBS放送と110度CS放送に分類されるチャンネルのみです。

4K対応のチューナー
4K対応テレビの場合に必要になるのが、4Kチューナーです。4Kチューナーとは、アンテナで受信した4K放送の電波を信号変換して画面表示を可能にする設備のことで、チューナーを内蔵していない4K対応テレビは、外付けタイプの4Kチューナーを追加しなくてはなりません。

4Kテレビ(4Kチューナー内蔵)
チューナーが内蔵されている4Kテレビであれば、4K・8K対応アンテナと接続するだけで4K放送が視聴可能です。

4K対応のアンテナ


4K放送はBSと110度CSの2つがあり、従来の右旋だけではなく左旋でも電波が発信されているので、左旋の電波を受信するためのアンテナの購入も必要です。

現時点(2020年1月現在)で新4K8K衛星放送に対応しているのはBS放送、110度CS放送です。それぞれに「右旋円偏波(右旋)」、「左旋円偏波(左旋)」※と呼ばれる2つの電波があります。

※  これまでのBS/110度CS放送は右旋円偏波で放送波を送受信していましたが、これに加えて逆回りの左旋円偏波でも電波の送信を行なえば、理論上はチャンネル数を倍に増やせるため、左旋円偏波による送信が採用されました。

BS右旋で放送されるNHK BS4Kや、BS朝日、BSテレ東、BS日テレ、BS-TBS、BSフジ等、民放キー局が実施する4K放送の視聴料は無料ですが、BS左旋で放送される「WOWOW」等の4K放送・8K放送、110度CS左旋で放送される「スターチャンネル 」等の4K放送は一部のチャンネルを除き有料です。
一般社団法人放送サービス高度化推進協会HPより

その他、必要となる機材


テレビやアンテナのほかに、屋内配線の状況によっては、ケーブルやブースター、分波器といった機器も必要になります。
左旋の電波を受信するアンテナを設置した際、古いブースターや分配器、壁面端子などが使用されていたり、同軸ケーブルの芯線がむき出しになっていたりすると、電波が外部に漏れて、無線LAN等の通信システムに影響が出たり、周囲の電波が入り込んで、4K放送の受信自体に影響することがあるのです。

マンションで見るための留意事項

管理会社が共同受信設備を設置済みであったり、ケーブルテレビが利用できるように処置しているため、個人でアンテナなどを設置しないでも、ほとんどのマンションで地デジ放送は視聴できるようにないっているはずです。

BSアンテナが設置されているマンションでは、4K放送の一部のチャンネルは視聴できますが、全てのチャンネルを見るためには、これまで記述してきたように、4Kに対応したアンテナ等を設置する必要があります。

・現在ケーブルテレビでBS放送を視聴している場合は、ケーブルテレビ会社に4K放送が視聴できるか確認し、視聴できない場合は個別にベランダなどに4Kアンテナ等を設置する必要があります。

・現在共同アンテナでBS放送を視聴している場合は、管理会社(組合)に4K対応の工事をしてもらうか、個別にベランダなどに4Kアンテナを設置する必要があります。

 

・すでに4K対応工事が行われているマンションなら、4Kに対応したテレビがあれば4K放送が視聴できますが、最新のマンション以外では工事が必要で、壁のアンテナ端子からケーブルまで4K対応のに変える必要があります。

準備は早めに!

光回線の提供エリアは2020年1月時点では約60%にとどまっているものの、最も安い場合は月1000円程度で簡単に見ることができるため、アンテナ等必要機器を全部そろえる(10万円をこえる場合もある)ことを考えると、有力な選択肢でしょう。

オリンピック直前になると工事が立て込んで混雑してしまうことも予想されるので、オリンピックを4Kで楽しみたいという人も、早めに4K放送を見られるようにしておく方が安心でしょう。

ちなみに、私は調べてはみたものの予算の関係でオリンピックは従来のテレビで見ることにしてます。

検討している方は「一般社団法人 放送サービス高度化推進協会」のHPで視聴方法を簡単にテェックできます。

タイトル画像
最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所