2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

飯田橋・神楽坂のリーズナブル(1000円程度)で美味しいランチ【和食】

僕は美味しいランチを食べるために、インターネットで店を探しては評価の高い順番に食べ歩きをしてきた。
ある程度食べ歩きをしていると、評価の高い店でも???と思ったり、店に入ってからメニューが無くなってたり、値段が上がっていたりと不信を持つようになったのだ!
毎日食べるには、1000円を超えるのは財布が耐えられないし、美味しいランチを食べたいという同じ思いを持つ人のために、おすすめの店を投稿します。
僕の場合は10軒以上回って、ようやく1軒程度は紹介できる店に巡り合う感じです。
この地域は、和食の高級店が多く財布に余裕のある人はいくらでも美味しいランチを食べられるけど、安くて満足できるのは、今のところこれくらいかな。
個人的な好みで、おすすめ順に掲載しています。

食彩一番  (すべてに満足)

毘沙門天の近くにある建物の 2階で、中は意外に広く小奇麗なお店である。12時を過ぎるとお客さんで一杯になっている。

外観
店の外観と入口

ランチメニューは魚を中心に、肉など豊富で全てのメニューにサラダと小鉢が付く。
一番人気の週替わり定食を頼む。

サラダ
ひじきとサラダ

最初に、小鉢の ひじき と サラダが出てきた。 他店では定食を頼むとお盆に一セットで出て来るのだが、ここでは サラダと小鉢が最初に出される。サラダは玉ねぎとレタスを中心に 赤かぶが入っている。シャキシャキと食感がよく美味しい。 ひじきも 小鉢ながら絶品である。

ランチ
週替わり定食

食べ終わった頃にメインの 豚ロース、刺身、味噌汁とご飯が出てくる。 豚ロースはトマトをベースにしたドレッシングで和えてあり、かなりのボリュームである。 肉自体もとても柔らかくて美味しい。刺身も3種類それぞれが美味しい。味噌汁も出汁がしっかりして、とても美味しく頂いた。

これだけの 質を保ちながら 950円で食べられるとは間違いなく満足できる ランチである。

ホームページ:https://shokusaiichiban.gorp.jp/

おいしんぼ (和の極み)

外観は 黒い壁が 一見の客を断るような威厳があり 少し入りづらい店ではあるが、本来の神楽坂を感じる、まさに和の極みといったお店である。

外観
外観

入口を入ると 和服姿の 素敵なお姉さんが 案内をしてくれた。
畳の上にテーブルが置いてある部屋に通されたが、照明も落ち着いた雰囲気で、昭和を感じられる部屋の造りである。

 一番安い料理は、税を抜けば 1000円という破格の値段である。この値段で神楽坂の和の雰囲気を味わえるのは 贅沢である。もちろん一番安い「彩り八寸と湯葉椀 【舞花】」をたのむ。

定食
彩り八寸と湯葉椀 【舞花】

とろろご飯は、よく牛タン屋で食べるとろろご飯とは全然質が違い、とても上品で とろろの上に好みでネギとあられそしてタレをかけて食べるのである。こんな上品な とろろご飯は初めて食べた。

メインの 彩り八寸 は残念ながら 今の僕には 説明ができない。
 正確にはわからない が串に刺さったのが、おそらく 生麩の田楽だろう。 それぞれ 味噌と ゴマ?をベースにした たれがついて、食感がものすごく柔らかい 。
その他にも様々な練り物、野菜そして黒豆どれをとっても 非常に繊細な味である。 さすが料亭の 料理という感じがする。

 わんは湯葉椀である 湯葉の中に三つ葉が浮いていて上品な味である。

とてもおいしくて、次はおすすめの湯葉クリームコロッケが入った定食を食べてみたいと思って店を後にした。

ホームページ:http://wa-kinari.jp/k-oishinbo/

つじ半 (ぜいたく丼)

お昼時には店の外に常に行列のできているお店で、1回は行ってみたいと時間のある時に並んでみた。店は階段を少し上ったところにあるのだが、並んでいる間に、店の人が 注文を取りに来てくれる。

外観
入口と店の看板

ぜいたく丼の1種類しかないが値段で松竹梅の3種類に分かれているので、1080円の梅を頼む。店内は和を感じさせる落ち着いた造りのカウンターのみである。

最初に黄身醤油とごまだれの利いた切り身が出てくる。 二切れいただき二切れは残しておく。壺にはいった昆布いりのガリもおいしい。

贅沢丼
ぜいたく丼

すぐに魚介山盛りのぜいたく丼が運ばれてきた。黄身醤油にわさびを溶いて上からかける。マグロ、イカ、ツブ貝、 ミル貝、 ボタンエビ、イクラなどのプリッとした食感がたまらない。

これだけでも十分満足だが、途中で 出汁をかけてもらえる。削った 柚子をかけてもらった「だし茶漬け」に、残しておいた切り身を上に乗せていただく。一杯で二度楽しめる 贅沢な一杯である 。

店の雰囲気も 神楽坂の 高級店という感じで とても1080円とは思えない 十分な満足感を得られた。

ホームページ:なし

花かぐら (上品な和食)

蔦のからむ壁にさえぎられて、小さな表に見える。実は、入口からは想像出来ないほど、中はかなり広い。

外観
外観

靴を脱いで迷路のような廊下を進むとテーブルが5つほどの照明が心地よく、落ち着いた部屋に通された。
私以外は女性でテーブルが埋まっている。

気まぐれヘルシー御膳を頼む。御飯は五穀米と鮭御飯を選べるので鮭御飯にする。

定食
気まぐれヘルシー御膳

サラダはじゃこと海藻が入っていて食感がよく、あんのかかった鯛の揚げ物は濃い目の味付けである。
鮭御飯は米は美味しいが僕には少し柔らかかった。
とろろにはおくらが入っていて、味がしっかりしている。

豆腐のハンバーグは小さいが、思ったより食感がある。添えてある温野菜のほうがボリュームがあり、健康に気を使う人には嬉しい。
味噌汁も美味しく、食感を感じる小さな野菜が入っているのはめずらしい。

香物とデザートまでつくが、とりあえず付けたという感じで、正直デザートは必要ないかなと思った。

ホームページ:https://hanakagura-kagurazaka.gorp.jp/

和庵 (隠れ家のこだわりの和食)

駅から2分と近い場所にあるのだが、小さなビルの3階にあるためわかりづらく、何度も前を通っていたが半年ほどしてようやく店に入った。

表外観          3階入口

 夜を中心に旬の上質な食材を贅沢に使った料理を懐石スタイルで届ける日本酒専門店らしく、昼間のランチは 火曜・ 水曜・木曜・金曜の4日間のみである。
しかも 日替わり一種類 1000円のメニューのみでこれは 自信の現れなのか。金曜はフライの日となっているようでこれは「フライデー」のだじゃれ?

階段を登り靴を脱いで 店に上がると、何も聞かずに お茶が出され 本日のランチがセットされる。

ランチ
本日のランチ

赤かぶの酢の物は意外にも量が多いが、酢とレモンの入ったさっぱりした酢の物でいくらでも食べられそう。
スルメイカを湯引きしたものと、イカのわたと春雨をあえたものは、わたのコクが効いている。 
味噌汁は しっかりとした出汁を取ってある 。
ご飯は、紅鮭の焼きにぎりが新海苔の あんに浮いている。焼きにぎりを崩しながら あんと絡めて食べる。

料理は 洗練された味で お店の雰囲気も とても良い。 何が出るのか楽しみなので また是非とも訪れたい。
間違いなく 隠れた名店である。

ホームページ:http://www.eonet.ne.jp/~nagomiun/

一心金子 (職人が揚げる天ぷら)

飯田橋駅近くのプラーナの1階にある、浅草で初代金子留次郎が専門の天ぷら職人を組織(一心会)した職人が揚げる天ぷら屋らしい。12時前だというのに既に8人が並んでいる。

外観
外観

店内はやや暗めの落ち着いた雰囲気である。カウンター席へ案内されたが、目の前であげるところが見える特等席である。

野菜天ぷら御飯、税込み1100円を頼む。

野菜天ぷら御飯
野菜天ぷら御飯

ご飯は魚沼産コシヒカリらしく適度な硬さで美味しい。 味噌汁はあさりの味噌汁で上品な味で、あさりもたっぷり入っている。

天ぷらは、どれもサクサクと食感がいい。
海老が2本とレンコン、ナス、カボチャなど野菜が5品と 今までに食べたことのない、卵の黄身の天ぷらがレンゲのようなものに入っている。
揚げ具合もちょうど半熟になるように調整をされているようで、とろりとした食感がたまらない。

ホームページ:http://www.isshinkaneko.com/

かくや (意外な和食屋)

駅から若干遠く、外観は和食屋とは思えないおしゃれなつくりである。5種類の定番メニューに加え、週替りメニューや日によって限定ランチなどほぼ1000円のランチメニューが揃っていて、12時にはお客さんで一杯になっている。

かくや外観
おしゃれな入口

「麦とろ飯と厳選豚あぶり定食」を頼むと意外と早めに提供された。

定食
麦とろ飯と厳選豚あぶり定食

 

豚肉あぶり、麦飯、とろろ、小鉢、漬物と味噌汁の定食であるが、みそ汁は出汁がしっかりして美味しい。炙り豚にワサビをつけて、とろろご飯と一緒に食べるのも新しい発見だ。

ホームページ:https://r.gnavi.co.jp/e608000/lunch/グルメ

 

 

 

 

越後屋亀丸 (炭火で焼く定食)

サクラテラスの3階にあり、外観はガラス張りで、炭火で魚を焼いている様子が見えるため、ついよりたくなる店構えになっている。

外観
外観

700円代から1000円以下のランチが豊富で、自慢の魚以外にも肉料理も揃っている。

あこう鯛定食を頼む。

定食
あこう鯛定食

炭火で焼いた皮に焦げ目がついた大きなあこう鯛が皿に乗っている。
あこう鯛はパリパリとした皮とホクホクの厚い身の食感が美味しい。
こんなに大きなあこう鯛は、珍しい。

味噌汁も 大きなに入っていて、満足できる味だ。

何よりも驚きなのは、おいしいごはんである。神楽坂でも3本の指に入る美味しさだ。

ホームページ:https://kamemaru1010.owst.jp/

和食や (具だくさん味噌汁)

神楽坂の坂の途中のビルの2階にある。
ランチメニューは、魚を中心に肉や鳥などバラエティに富んでいて、全てが1000円以下と リーズナブルである。

外観
店の外観

若鶏のタルタル南蛮揚げ御膳を頼む。 ご飯は白米、玄米、炊き込みご飯から選べる。小鉢が2種類付いてきて 漬物そして具だくさんの味噌汁がつく。

定食
若鶏のタルタル南蛮揚げ御膳

今まで食べた中では最も器が大きく、具だくさんの味噌汁でこれだけでも満足である。メニューも豊富なので、通うお店として加えておきたいお店である。

ホームページ:https://washokuya-kagurazaka.owst.jp/

八起庵 (金賞の親子丼)

神楽坂の通りに面していて、店の前に自慢の親子丼をお勧めする大きな看板があるので分かり易い。
京の鳥どころ 八起庵が 東京に初めて出したお店である。

 京赤地鶏の親子丼は 2015年に実施された第2回 全国 どんぶりグランプリで 金賞に選ばれた 自慢の親子丼らしい。

ランチメニューで 1000円なのは 親子丼のみである。
鳥をさばいてすぐには使用せず、独自の技法で熟成させ旨みを凝縮させ、更に、こだわりの卵を3個も使用した贅沢を極めた親子丼である。

親子丼(店のHPより)

 確かに 優しい味の中にも 柔らかな 鶏肉が 忘れられない味となった。
赤だしも 上品な味で いかにも 京都の親子丼セットという感じがした。

ホームページ:https://www.hachikian.com/

 

和食
最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所