2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

お勧め映画:『黒い司法  0%からの奇跡』 正義を問う感動作!


久々の本格的に 正義を問う感動作!


「黒い司法 0%からの奇跡」は、司法の闇と闘う逆転劇を描いた希望、勇気、信頼などのいっぱい詰まった、 冤罪の死刑囚たちのために闘う弁護士ブライアン・スティーブンソンが起こした奇跡の実話を映画化したものです。

本作はブライアン本人による原作「黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う」が基になっています。

原作者ブライアン(W.B.HPより)

本作の舞台は黒人への差別が根強い1980年代アラバマ州。
犯してもいない罪で死刑宣告された黒人の被告人ウォルターを助けるため、新人弁護士ブライアンは無罪を勝ち取るべく立ち上がる。
しかし、仕組まれた証言、白人の陪審員たち、証人や弁護士たちへの脅迫など、数々の差別と不正がブライアンの前に立ちはだかる。
果たしてブライアンは、最後の希望となり、彼らを救うことができるのか―!?  可能性0%からの奇跡の逆転劇に挑む!

ブライアンはハーバード大学のロースクールを卒業後、弁護士資格を取得します。好待遇のオファーが複数あったにも拘わらず、母の反対を押し切ってまで、使命感からアラバマ州で人権運動に携わるのです。
アラバマ州
では受刑者の人権擁護活動に励むエバ・アンスリーの協力により、彼は小さな事務所を設立します。

そんな時、ウォルターという黒人男性が白人女性を殺した容疑で死刑判決を受けましたが、彼が犯人であることを示す証拠は一つとしてないのです。
それにも拘わらず、検察側は誘導尋問などを駆使してウォルターを犯人に仕立て上げ、しかも、州の司法当局は杜撰な裁判が行われたことに対して全く関心を示さないのです。
これに憤慨したブライアンは、ウォルターの無実を必ずや証明すると心に誓い、弁護を始めることになるのです。

最初の面会(W.B.HPより)

初めての面会で、ウォルターは「大学出のインテリ先生に差別の何が分かる!」などと頑なな態度を取るばかりで、すぐに面会は終わります。
しかし、ブライアンの奮闘ぶりを眺めているうちに、徐々に彼に心を開くようになるのです。

黒人街へ(W.B.HPより)

ブライアンはウォルターの無実を証明するため、あらゆるところへ出かけて行き様々な証言を集める努力を続けるのです。

しかし、当然のように、その過程で様々な嫌がらせを受けるのです。

(W.B.HPより)

彼は、そんな嫌がらせに負けず、ひたすら真摯に問題解決に取り組み、ついに再審までこぎつけるのです。

(W.B.HPより)

見ている者が爽快な気分になるほどの見事な弁護を行うのですが・・・・

(W.B.HPより)

ウォルターは絶望の淵に立たされます。
しかし、ブライアンは挫けないのです。

最後の法廷(W.B.HPより)

最後の法廷でも感動的なスピーチをするのです。
私には『絶望は正義の敵である。』という言葉が強く印象に残りました。

見ている間に、ふつふつと義憤に駆られてしまうのです。
なんて残酷な運命なんだ! これがついこの間までの自由の国アメリカの実態なのかと。

映画を見終わって、久々に正義について改めて考えさせられました。

是非、見てもらいたい映画です。

黒人差別を扱った作品には「グリーンブック」という爽やかさの残る作品もありますので、ご確認ください。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所