2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良: 安倍の文殊院】

安倍の文殊院を描く。

金閣浮御堂から本堂を見た構図で描く。

柵や手前の欄干などの薄い色を置く。

燈籠に色を置く。

石垣と池の映り込みを描く。

池の映り込みを描く。

本堂を描いてほぼ完成。

最後に手前の欄干部分を描いて完成!

桜井市にある安倍の文殊院は本尊が文殊菩薩である。
初めて文殊菩薩を見たのは西大寺であったが、ここの文殊菩薩は圧倒されるほどの迫力がある。
遠くから見てもその迫力は変わらない。暫く近寄ったり離れたりしながら見ていたが、圧倒的な迫力にいつまでもその場を離れることができなかった。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所