2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良:白毫寺山門】

奈良市にある白毫寺を描く。

境内から奈良市内を見下ろす構図で描く。

空に色を置く。

遠景を描き込む。

木々に基本となる色を置く。

濃い緑色を置いていく。

土壁に色を置いていく。

細部を描き込んで完成!

白毫寺は奈良市東部の高円山の山麓にあり境内からは奈良の町並みが、正面手前には矢田丘陵、その奥に二上山、信貴山、生駒山などの山並みが見渡せる静かな佇まいの古刹である。
天智天皇の皇子の山荘を寺としたと伝えられるが土壁に走る無数の線と補修の白い跡が歴史の重みを感じさせる。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所