2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良: 榮山寺八角堂】

五條市の榮山寺で有名な国宝の八角堂を描く。

少し濁った池越しの構図で描く。

やや明るい緑の部分と鳥居に色を置く。

奥の緑の濃い部分に色を置く。

八角堂に基本となる色を置く。

右の燈籠の苔むした土台の部分に注意しながら色を置く。

地面の基本となる色を置く。

存在感のある木に色を置いて完成!

榮山寺は吉野川のほとりにある静かなお寺である。
八角堂の中には柱と天井に彩色絵画が残されている。
現在は剥落がひどくはっきりとは分からないが当時は荘厳な雰囲気を作り出していたに違いない。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所