2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良:白毫寺五色椿】

白毫寺の五色椿を描く。

散った椿を中心にした構図で描く。

空に色を置き、椿をマスキングする。

本堂などに基本となる色を置く。

木々を描き込む。

本堂などを描き込む。

手前の芝に基本となる色を置く。

影などを描き込んで完成!

白毫寺には奈良三名椿の一つである「五色椿」がある。
この五色椿は、興福寺の塔頭「喜多院」から移植されたものとされており、樹高は約5メートルもあり、一つの樹に、白色・紅色・紅白絞りのなど、様々な色合いの花をつける。

大きな椿の花が散っているのだが、この時期は敢えて片付けないで散ったままにしているのだろうか。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所