2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良: 御霊神社】

ならまちにある御霊神社を描く。

全体を俯瞰できるポイントがないため狭い道路からの構図で描く。

瓦の明るい部分と壁の部分に色を置く。

手前の門にやや淡い丹色を置く。

額の細部を描いて近景は完成。

緑の陰の部分を描きこむ。

門の部分を描きこむとほぼ全体像が見えてくる。

やや暗めに拝殿などに色を置いて完成!

御霊神社はならまちの中心部にあり、知らずに歩いていると通り過ぎてしまうような小さな神社である。

聖武天皇の皇女で井上内親王(いがみないしんのう)は政権争いに巻き込まれ、無実の罪により今の五條市に配流されて亡くなり。その後、都や桓武天皇東宮に怪しき事が度々あり、悪疫が流行したことから、井上内親王母子をはじめ8柱の霊を鎮めるため神社が建立されたとのことである。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所