2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良:石上神宮と神使の鶏】

天理市にある石上神宮を描く。

鶏と建物を入れた構図で描く。

砂利に色を置いていく。

石垣と木に色を置く。

木々に濃い色を置く。

回廊に赤色を置いていく。

楼門を描き込む。

神の使いである鶏を描き込んで完成!

石上神宮は日本最古設立の神宮として、美しい森の中にひっそりと佇んでいる。

国宝である七支刀は「日本書紀」に百済から献上された「七枝刀(ななつさやのたち)」にあたると考えられている。
また、鶏は「古事記」や「日本書紀」などに登場し、暁の時を告げる神様の遣いとされており 石上神宮では約30羽の鶏が放し飼いにされている。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所