2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良:大和郡山城の春】

大和郡山城を描く。

城と桜を入れた構図で描く。

空と桜に色を置いていく。

掘りに色を置く。

木々に色を置く。

城に色を置いていく。

建物を描き込んで完成!

郡山城は筒井順慶の築城(1580)に始まる大和でもっとも大規模な城郭で、天正13年には豊臣秀吉の弟・秀長が大和・紀伊・和泉3国の大守として百万石を持ってこの地に入封、社寺の礎石や石仏なども城石に使っての大増築を行なったと伝えられる。

歴史を思い浮かべながら堀に映る桜を見ていると贅沢な時間を過ごすことができた。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所