2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良: 大台ケ原シオカラ谷】

大台ケ原で最も低い場所にあるシオカラ谷を描く。

吊り橋を中心にした構図にする。

最初に河原の石の明るい部分に色を置く。

木の明るい部分に淡い緑色を置く。

石の部分に濃い色を置く。

水面に色を置く。

木の濃い部分に色を置く。

最後に吊り橋を描き込んで完成!

大台ケ原は最も雨の多い場所である。
当日は奈良市内は良い天気だったのに大台ケ原の駐車場は曇り空。
歩き始めて暫くすると霧が出て来て幻想的な大台ケ原を楽しむことができた。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所