2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良:春の唐古・鍵遺跡】

春の唐古・鍵遺跡を描く。

シンボルの楼閣を入れた構図で描く。

空に色を置く。

コスモスに基本となる色を置く。

楼閣に基本となる色を置く。

遠景の木々に色を置く。

木々などを描き込む。

楼閣を描き込んで完成!

唐古・鍵遺跡は、幾重もの環濠に囲まれた弥生時代の集落の遺跡で、日本最大級の環濠集落である。
また楼閣を描いた絵画土器や、勾玉を入れた褐鉄鉱容器、大型建物跡など重要な発見も多く、今なお唐古・鍵遺跡は、弥生文化を考える上で重要な地域となっている。
勿論、楼閣は復元されたものではあるが寺社仏閣の多い奈良において異質な雰囲気を感じる。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所