2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良:称名寺】

奈良市内の称名寺を描く。

門を中心にした構図で描く。

空と道路などに色を置く。

石碑などに色を置く。

木々に基本となる色を置く。

屋根を描き込む。

木々を描き込む。

門を描き込んで完成!

奈良市内にある称名寺は、もともとは興福寺の別院で興北院と呼ばれていた。
茶道の始祖とうたわれ、同寺の僧でもあった村田珠光は「独盧庵」を建て“陀び茶”の境地を開いたといわれ、珠光ゆかりの寺として有名である。
寺の東側には千体地蔵尊が祀られているが、これはもともと戦国時代に松永久秀が多聞城を築城する際に城壁に用いた地蔵石像で、落城後に散乱していたものをここに合祀したと伝えられている。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所