2020年は東京オリンピックの年です。 世界中の人々が来日し、幸せな気持ちで帰国できることを願っています!

水彩画作成過程 【奈良: 頭塔】

奈良市にある頭塔を描く。

頭塔を中心にした構図で描く。

空の青をいつもより濃い青色を置く。

石の明るい部分に基本となる色を置く。

後ろにある巨大な木に色を置く。

石積の境に色を置く。

それぞれの石の色に変化をつける。

最後に細部と存在感のある木を描き込んで完成!

奈良に赴任して初めて見る頭塔である。
何度か遠くからは見ていたのだが、近くで見ると不思議な形がとても印象的であった。
4面それぞれに11基の石仏が配置されて、その石仏を風雨から守るために屋根がついているらしい。

最新情報をチェックしよう!
>令和よろず研究所

令和よろず研究所